人財育成

あしたのエフケイを創る

エフケイ独自の人材開発プログラムを通じて、お客様から、お取引先様から、社員から、エフケイで買い物がしたい、エフケイと取引したい、エフケイで働きたい、そう思われるような『価値』を生み出せる人材を育成する。

採用・教育・評価が連動した「人が育つ」人事システムを構築する。

人材モデルを明確にし、採用・教育・評価が連動した一貫性のある人事システムを組み立てる。

価値を生み出すための「総合力」が身に付く教育・研修を実施する。

単に商品知識を身に付けるだけでなく、働く上で必要な「考え方」「熱意」「能力」が効果的に習得できる教育・研修を実施する。
人生・仕事の方程式

「人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力」

人生・仕事の結果の3つのキーポイント、「考え方」と「熱意」と「能力」にフォーカスした人材育成プログラム(教育・研修・評価)を実施していく。
tr05

<方程式のポイント>
「能力」と「熱意」は、それぞれ0点から100点まであり、それを掛けあわせます。そしてこれに「考え方」が掛かります。「考え方」はマイナス100点からプラス100点まであります。掛け算ですから、たとえ僅かであっても否定的な考え方であれば、結果はすべてマイナスになってしまいます。

方程式の中で特に重視していく項目

tr06
「考え方」「熱意」「能力」という方程式の中で特に重要視していく項目は、

1.考え方=フィロソフィ
2.熱意=キャリア
3.能力=専門性・店舗マネジメント

3つの要素の核となる「考え方」は、働く上での基本的かつ正しい考え方としてまとめた『フィロソフィ』の学習を通じて身に付くようにします。「熱意」は、自分自身のキャリアをデザインすることで仕事と自分の人生を結びつけ、長期的な熱意が湧き上がるようにします。「能力」は、エフケイが目指すビジョン実現の為に必要となる専門性と店舗マネジメントの知識・スキルが身につくようにします。


1.正しい考え方「フィロソフィ」を身に付ける

どんなに素晴らしい能力と熱意を持っていたとしても、正しい考え方が身についていなければ、その人が生み出す結果は期待したものになりません。この最も大切な考え方を、エフケイウェイとそのベースとなっている自創経営・7つの習慣・ドラッカーなどを学習することで身に付くようにします。

tr07


2.自分自身の「キャリア」をデザインする

熱意は単に作業の好き・嫌いというモチベーションではなく、自分自身と向き合い、将来にわたって貢献したいこと、価値をおいていること、実現したいことなどを見つめ直し、仕事に対する長期的な熱意(内発的な動機)が湧き上がるようサポート。さらにやったらやった分だけ評価される評価システムを構築する。

tr08

3.エフケイの「専門性」と「店舗マネジメント」を習得する

他社との違いを生み出すために、専門的な知識・カウンセリング力とそれを支える接客・接遇力、店舗運営に必要なマネジメント力と店舗運営の基本となる売場4原則が身に付く教育研修カリキュラムを実施します。

tr09