栄養情報

[2014年1月2日]

栄養情報コーナー「いつ食べる?」

LINEで送る

みなさんいかがお過ごしですか?この時期はおいしい誘惑がたくさん!外にも出ずテレビを見ながらダラダラ。そんなこんなでどんどん肥えていく…のは私だけではないはず!?
今回はつい生活が不規則になりがちなこの時期にぜひ意識していただきたい時間栄養学についてご紹介いたします。時間栄養学とは「何をどれだけ食べるか」だけでなく、生体の活動リズムに合わせて「いつ食べるか」も考えた栄養学です。時計

 


1.朝食抜き・不規則な生活でいつのまにかメタボに?!

人には様々な体内時計が存在しますが、食生活と深く関わる体内時計が概日リズム(サーカディアンリズム)です。人の概日リズムは1日約25時間といわれています。しかし、私たちは1日24時間で生活しています。この時間のずれを修正する重要な役割を持つのが朝食です。朝日を浴びることで脳の主時計が、朝食をとることで内臓の抹消時計がリセットされます。夜更かしばかりしていたり、朝食を抜いてしまったりすると体内時計がリセットされず、代謝の低下やエネルギー節約による脂肪合成の促進などを招くことに。

2.いつたべるか?今とは限りません。

時間栄養学では朝:昼:夕の食事のエネルギー配分は3:3:4が良いとされています。
朝は食事のエネルギー配分比率からみてもしっかりとっていただくのが理想的です。脳のエネルギー源となる糖質だけでなく、たんぱく質もいっしょにとることが抹消時計のリセットに重要です。朝、パンやおにぎりだけという方はぜひ牛乳や卵など簡単にとりいれられるたんぱく質をプラスしてみては!
内臓にもそれぞれ活動のピーク時間があり、昼は内臓の代謝が活発な時間帯です。揚げ物や炒め物など脂っこいものを食べるときは昼食がおすすめです。代謝の効率アップにつながるたんぱく質をしっかりとりながらバランスのよい食事を!
夜はお休みモードの臓器に負担をかけないためにも高脂質な食事や夜遅くの食事はなるべく避けましょう。また、食事から食事までの時間が空きすぎてしまうと間違って体内時計がリセットされてしまい生体リズムが乱れてしまう恐れがあるので、朝食から夕食までは12時間以内が理想とされています。夕食が遅くなってしまうときは夕方に軽い食事をとっておくと食べすぎや低血糖からの急激な血糖上昇を抑えることにつながります。
今回、時間栄養学についてご紹介しました。まだまだこれから新年会など夜遅い食事やお酒を飲む機会などあるかと思いますが、ときどきは自分の内臓の活動時間に寄り添い、いたわってあげてみてはいかがでしょうか(^^)

[2013年12月20日]

栄養情報コーナー「お肌カサカサ対策」

LINEで送る

こんにちは!乾燥する時期になり、お肌がカサカサしちゃう!!
という方もいるかと思います。
今回は体の内側からの乾燥対策について書かせていただきます♪

皮膚は角質細胞がレンガのように積み重なってできています。
皮膚が乾燥すると、角質細胞がはがれやすくなり、細菌や病原菌が侵入してしまい・・・カサカサになるだけではなく、風邪などを引き起こす原因にもなりかねないのです!!
今回は体内からの乾燥に役立つ5つの栄養素を挙げてみました。

 

〇ビタミンA
皮膚の粘膜を正常な状態に保つので、不足すると肌がカサカサします。
ビタミンAは・・・緑黄色野菜(色の濃い野菜)やうなぎ多く含まれています。
1201

 

〇ビタミンB2
細胞の再生、成長を促す働きがあるので、皮膚の新陳代謝に必要な栄養成分です。
また肌に有害な過酸化脂質の働きを抑え、肌の粘膜を保護する働きもあります。
ビタミンB2は・・・レバー、納豆、卵等に多く含まれています。
1202

 

〇ビタミンB6
皮膚炎を予防する研究から発見されたビタミン!!体に必要なタンパク質を作る時に欠かせないビタミンで、肌を健かにする働きがあります。また、免疫機能を正常に維持して、肌のアレルギー症状を改善する作用もあります。
ビタミンB6は・・・レバー、マグロ、カツオ等に多く含まれています。
1203

 

〇ビタミンE
シワやたるみなどの老化を引き起こす過酸化脂質を分解します。ビタミンCと合わせて摂ると、抗酸化作用がさらにアップ!!
血行を良くする働きもあるので、肌をみずみずしくしてくれます。
ビタミンEは・・・大豆、ナッツ、ごま、アボガドなどに多く含まれています。
1204

 

〇ビタミンC
ビタミンCそのものが乾燥に効くというのではありませんが、乾燥肌を防ぐために必要な肌のコラーゲンの生成を促してくれます。
ビタミンCは・・・パプリカ、パセリ、アセロラ、芽キャベツ等に多く含まれています
1205

 

一部の栄養成分のご紹介ですが、規則正しくバランスの取れた食事を心がけながら、普段の食事に取り入れてみてください♪ボディクリームなどでお肌の保湿をしながら、体の内側からのケアで乾燥に負けない身体で寒い時期を乗り越えましょー!!

[2013年11月29日]

栄養情報コーナー「風邪なんかひかないぞ!免疫力アップ作戦!」

LINEで送る

皆さんこんにちは!1日の中で寒暖の差が激しい日々が続いていますが、体調を崩さずに過ごせているでしょうか?
今回は季節の変わり目を乗り越え、風邪の季節に備える為に免疫力を高める食事について紹介したいと思います。 

1.免疫力を高める食品!

〇ビタミンA
ウイルスの侵入を防ぐ粘膜を強くしてくれます。 食品には植物性のカロテン、動物性のレチノールとして入っています。 緑黄色野菜に入っているので摂取を心がけるようにしましょう。 ex)ほうれんそう、かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー、レバー

b01

〇ビタミンC
白血球の働きや粘膜の健康維持に必要で免疫力を強化してくれます。調理中に壊れやすいので生で摂取できる果物がおすすめです。また、イモ類に入っているビタミンCは調理しても壊れにくいのでおすすめです。 ex)いちご、みかん、キウイ、じゃがいも、かぼちゃ

b02

〇たんぱく質
粘膜を突破して侵入してきたウイルスを攻撃して退治したり、壊れた細胞を自分の力で立て直すのが免疫細胞です。その免疫細胞はたんぱく質からできています。ダイエットしたり、食が細かったりすると不足しがちなので、毎食、主菜(メイン)となる食事を取り入れていきましょう。 ex)肉類、魚介類、卵、大豆、大豆製品

b03

 

2.腸内環境を整える!

最近なにかと話題の腸!腸には免疫細胞がびっしりと詰まっており、臓器の中で最大の免疫器官なのです! 免疫力を高める為には腸内環境を整えることが大切です。腸内の善玉菌を増やす食生活を心がけましょう。 具体的にはヨーグルト、みそ、納豆、ぬか漬け、塩麹などの発酵食品を摂取しましょう。 ヨーグルトは物によって菌が違うので色々試して、自分に合ったものを探すことがおすすめです。

b04

 

3.生活習慣を整える!

(1)適度な運動をしましょう
適度な運動は免疫細胞を活発にします。運動習慣がない人には難しいことですが、近所のウォーキング、ラジオ体操、ストレッチなど、できることから始めてみましょう。

(2)睡眠をしっかり取りましょう
睡眠中のゆったりとした時間に免疫力は上がります。時間を長く取るというより、ぐっすり深い眠りにつくことが大切です。自分に合った睡眠時間を見つけ、ぐっすりと眠れる環境作りをしましょう。

(3)体温を上げる(冷やさない)
体温が上がると免疫力もあがりますが、逆に体温が下がると免疫力も下がってしまいます。
お風呂はゆっくり湯船につかるようにしたり、食事に生姜などを取り入れたりして、体温を上げる工夫をしましょう。

b05

 

少しずつ気をつけて寒い季節も元気に過ごしましょう!

担当/モチマル

2 / 212