調剤部通信

[2020年12月21日]

多職種連携合同研修会へ参加

LINEで送る

今回埼玉県薬剤師会主催の多職種連携会議に参加致しました。薬剤師、ケアマネ、訪問看護師が相互理解を深めるため、各職種の代表者によるプレゼンやグループワークを通じてお互いの業務内容、連携の取り方などを学びました。

参加人数は90人程度となっており、ズームを使用しての初のオンライン開催ということで、普段あまり関わることのない遠方の方たちと意見交換することができました。研修会の後半で行ったグループワーク(症例検討)ではパーキンソン症候群と、がん末期患者の症例をもとに討議を行い、治療の妨げとなっている問題点や介入方法、改善方法などについて意見を出し合いました。話し合いの中で、ケアマネから「薬局も在宅の担当者会議に呼んでも良いのか?」という質問があり、これに対して「薬局も是非呼んで欲しい」という旨を伝えると「医師のように薬局も忙しくしているだろうから声をかけるのは迷惑だと思って呼んでいなかった」とお話しされていました。このように思っているケアマネは恐らくたくさんいらっしゃるのだろうと思います。

こうした認識の差を埋めていかなければならないなと感じました。医療連携の中で薬剤師のできること、やっていることを他職種にアピール、認知してもらう機会は限られているかと思いますが、在宅医療などを通じ薬剤師としての専門性を発揮し業務を全うしていくことで自ずと他職種からの信頼を得ることができると思います。そうすることで、さらなる強固な連携をとることができ、より良い医療を患者さんにも提供できるのだと考えます。コロナウイルスの収束がみられた暁には地域の連携会議にもまた参加していきたいと感じました。

エース薬局上藤沢店 神田

オンライン服薬指導開始のお知らせ

弊社でも今年度から解禁となった、オンライン服薬指導を2021年から順次エース薬局各店舗で開始する運びとなりました。弊社が扱うオンライン服薬指導のシステムは、curon(クロン)お薬サポートです。これは、処方せんの受け取りからお薬の配送まで、病院およびクリニック・患者様・薬局をつなげるサービスです。
患者様はお手持ちのスマートフォンで、服薬指導と薬の受け取りをご自宅で完了できます。
これまでの患者さんも、はじめての患者さんにも、お薬を届ける新しいかたちですので、興味のある方は是非ご利用してみて下さい。

01

オンライン診療およびオンライン服薬指導のシステムサポート『curon』(クロン)の詳細については下記のURLからご参照下さいhttps://curon.co/home?ref=header

[2020年9月15日]

薬物乱用防止研修事業へ参加

LINEで送る

01

先日、埼玉県男女共同参画推進センターにて「薬物乱用防止指導員研修会」に参加してきました。今年に入ってから薬剤師会の依頼で埼玉県の薬物乱用防止指導員となりました。コロナウイルスの影響により活動がほとんどされない状況でしたが、今回初めて活動に参加したので、活動内容を報告したいと思います。

ここ数年の埼玉県内での全薬物事犯検挙者数は約500人前後でほぼ横ばいで推移しています。その中で「覚醒剤」の検挙数が一番多いのですが、ここ数年「大麻」の検挙数が増加傾向にあり、特に若年層の割合が高くなっています。この背景としては、インターネットを中心に誤った情報(「大麻」は煙草やお酒に比べ害が少ない等)を鵜呑みにして、気軽に興味本位で始めてしまうこと等が挙げられます。このことから「大麻」はゲートウェイドラックとも呼ばれますが、「大麻」で満足しなくなると、より依存性が強い「覚醒剤」や「コカイン」等を求めるようになるため、若い世代に対して薬物に対して正しい知識や、危険な誘いを断る方法等を教える「薬物乱用防止教室」や「街頭キャンペーン」等を今後も継続的に行っていく事が重要になってきます。

なかなか身近ではない話なので、現実感が無いと思われる方がほとんどだと思いますが、実際に今でも現実に起こっている事案です。自分には関係ないとは思わず、日頃から自分の家族・友人と一緒に意識を高めることが重要だと思いました。また薬剤師として、薬物乱用防止教室等に機会があったら是非、講師として参加してみたいと思いました。

コロナ禍の為、ソーシャルディスタンスを保って研修会へ参加

コロナ禍の為、ソーシャルディスタンスを保って研修会へ参加

エース薬局 吉川 保雄

調剤部メンバーでの趣味活動報告

先日、調剤部のメンバーと東京都清瀬市にある金山緑地公園の河川敷において、デイキャンプを行いました。コロナの影響でアウトドアが流行っているので、自分たちも乗っかってみました。ワイルドに肉を食べたい方は、豊玉店の小野薬局長までご連絡下さい。

肉を焼く小野薬局長&笑顔で見守る高橋君

肉を焼く小野薬局長&笑顔で見守る高橋君

約 1 ポンドのワイルドステーキ

約 1 ポンドのワイルドステーキ

[2020年2月5日]

薬機法改正について

LINEで送る

昨年の12月、国会にて薬機法改正が成立しました。
薬機法改正前の薬局の定義は「薬剤師が販売又は授受の目的で調剤の業務を行う場所」でしたが、今回の改正により、「薬剤及び医薬品の適正な使用に必要な情報の提供及び薬学的知見に基づく指導の業務を行う場所」であることが追加されました。つまり「薬を渡す場所」に加えて「服薬指導をする場所」ということが法律によって再定義された形となりました。

今回の改正にあたってポイントは4つあり、①調剤後のフォローアップの義務の法制化②医療提供施設の医師などに情報提供の努力義務の法制化③認定薬局「地域連携薬局」および「専門医療機関連携薬局」の明記④オンライン服薬指導の明記。以上が薬局の業務に直接関わることで、今後薬剤師会等から具体的な内容が示されてくると思われます。

今回の改定は、以前から厚生労働省が示している「患者のための薬局ビジョン」を、法律に明記されたという印象なので、「患者のための薬局ビジョン」の内容に沿った薬局運営していれば特に問題ないと思われます。むしろ通常の薬局業務をわざわざ法律に明記されたということは、国から「薬剤師ちゃんと働けよ!」とお尻を叩かれた気分ですね。

入間市医療介護連携会議

01

先日、入間市の健康福祉センターにて医療介護連携会議が行われました。今回は、パーキンソン病患者の事例をもとに、自立支援に向けたケアプランを、医療及び介護の専門職の立場からアドバイスを行い、作成するという、グループワークを行いました。
2025年には、団塊の世代が、85歳になり介護が必要な年頃になりますが、その際に自立を支援できる地域包括ケアシステムを各自治体で確立することが急務となっています。その為にも、こうした医療連携会議にて、各事業者間で事前につながりを持つことは非常に重要だと思われますので、今後も積極的に参加していきたいと思います。

エース薬局上藤沢店
吉川 保雄

「ととのう会」?発足

「ととのう」って言葉をご存知でしょうか?最近教えてもらったのですが、スーパー銭湯では、サウナや水風呂が、大概どこにでも設置されています。このサウナと水風呂を交互に繰り返した後に休憩すると、とてつもないリラックス状態に陥ることがありますが、この状態をサウナー達の業界用語として「ととのう」というらしいのです。この状態を皆さんに知ってもらいたいので、調剤部にて「ととのう会」を設置しました。入会希望の方は、豊玉店の小野薬局長まで申し込みお願い致します。月1回程開催予定です。

02

[2019年11月1日]

幕張メッセで開催された 地域包括ケア EXPO へ

LINEで送る

先日、幕張メッセで開催された地域包括ケアEXPOに行ってきました。医療業界だけでなく介護業界など地域包括ケアに係る様々な企業がブースを出展していましたが、今回は薬局に係る企業のブースを中心に見学をしてきました。

01

02

個人的に気になった機器としては、在宅にて療養されている方に使用する「服薬支援機器」にAIロボットが連動されているもので、服薬時間になると自動的にテレビ電話を作動し、飲み忘れおよび見守りが出来る機能がある為、独居の方への対応として今後期待が出来るものや、処方箋を専用の機械で読み込むことによって、ピックする医薬品を無駄な動きが出ないように案内してくれるディスプレイがあり、厚労省の通知により先日解禁されたテクニシャンやヘルプ対応等で調剤に慣れていない方でもすぐに対応が出来るようにと医療安全の為に開発した装置ということでした。 

03

今後こうした新たな機器を、利用することによって、地域の医療及び介護がより良いものになることが期待できると感じました。

エース薬局上藤沢店
吉川 保雄

エフケイ調剤部課外活動

04

先日、調剤部の大熊マネージャー、豊玉店の小野薬局長および吉川で、草津へ日帰り小旅行に行ってきました。
軽登山をして絶景を堪能した後、3人で温泉に入り楽しんできました♪今後も楽しみな活動を計画していきます。

[2019年9月10日]

~2019年度 社員大会開催~

LINEで送る

先日、2019年度の社員大会が、ウェスタ川越にて開催されました。午前中には調剤部研修が行われ、その中で安全管理研修として今回は「アンガーマネジメント」を行いました。

01
午前に行われた調剤部研修の様子

以前の安全管理研修で調剤ミスが起こる要因として「ブロッキング」という「怒り」「悲しみ」「不安」等の感情を自覚することで、調剤ミスを減らせることを学びましたが、今回特に怒り(アンガー)の感情について詳しく学ぶ目的で行われました。講師には狭山市で訪問看護事業をしている「地域ケアステーションゆずり葉」の看護師である木内様に行って頂きました。今回の研修を通じて「怒り」の感情について知り、それを上手にコントロールすることで、仕事だけでなくプライベートもより良いものにすることが出来る事を学びました。今回学んだことを活かして今後も調剤ミスを発生させないような取り組みを継続的に行い、患者さんに信頼される薬局作りをしていきたいと感じました。

02
午後に行われた社員大会の様子

そして午後には社内の各事業部が集まってお互いの事業部に対して協力出来ることについてグループワークを行いました。
弊社の企業理念でもある「地域社会の心と身体の健康への奉仕」を実現の為には、今後各職種による連携が必要不可欠であることを再確認し、各グル―プでの発表においては、今後取り組むべき様々なアイデアが発表されました。今回発表されたアイデアをもとに社員一丸となって、ワクワクとするような仕事が実現できる様に取り組んで行きたいと感じました。
エース薬局上藤沢店
吉川 保雄

エフケイ登山部(自称)活動

03
蝶ヶ岳から常念岳の稜線上にある蝶槍にて撮影

8月下旬、北アルプスにある蝶ヶ岳(2677m)に約15kgの荷物を背負って、約6時間の道のりを経て頂上まで登りテント泊をしてきました。天気に恵まれ絶景を楽しみました。

1 / 512345