ブログ

[2019年2月19日]

朝霞の訪問看護ステーションが立ち上がり半年過ぎました。

LINEで送る

今回はお看取りをさせて頂いた方の紹介をします。

80歳代の男性。奥様と2人暮らしで、間質性肺炎で在宅酸素をされていました。
風邪をきっかけに急激に体力が低下し、トイレに1人で行くことができなくなりました。
そして排便のコントロールが自力では難しくなり訪問看護の依頼がクリニックからありました。
これまで歩いてトイレに行き排便をしていたのに、急にオムツにするように言われてもなかなか出るものでもありません。
しかし便が出なければ気持ちも悪いし、食欲も減り、それが体調悪化へとつながってしまいます。
そこで便をしやすい環境を整えるとともに、内服薬でコントロールし、必要に応じて浣腸を行います。
身体を拭いたり、排便のコントロールのお手伝いをしました。
その後、排便のコントロールはできるようになりましたが間質性肺炎が悪化し、最期は自宅でお看取りをさせて頂きました。
高齢の奥様と2人暮らしだったので自宅での看取りは大変であろうと考えていましたが年に1回帰省するご息女がいらしたのと連日看護師の他にヘルパーさんにも入って頂き連携が取れていたので看取らせて頂くことができました。
何より本人の希望が叶えられ、そのことに奥様が喜んでおられました。
ご息女も「父に呼ばれたのかしら」とおしゃってました。

朝霞でも本人、家族が最期まで家でその人らしく暮らしたいという希望があるのなら、そのお手伝いをしていきたいと思います。
朝霞には無菌室を備えたエース薬局朝霞調剤センターがあります。
訪問診療専門のクリニックも2件あり心強いです。
地域の介護、医療スタッフと連携し地域の方のお役にたっていきたいと考えております。

01-1

エース訪問看護ステーション 朝霞 管理者 小菅 美和