ブログ

[2017年11月21日]

リハビリ情報コーナー「学会演題発表」

LINEで送る

こんにちは。今回は平成29年11月11日に行われた「日本ノルディックウォーク学会倉敷大会」のレポートとともにお話を進めたいと思います。

今週の某週刊誌に、住み慣れた自宅で生活を続けるには・・といったような内容の特集がございました。
こんなシンプルな図があったので、まず、ご紹介いたします。

01

この運動・家事・人付き合いを家庭と地域を跨いでいることがポイントです。
では、この運動どうするのということで近年「ノルディックウォーク」が取り上げられることが多くなって参りました。健康運動やセルフ・メディケーションにおける実手段のご提案です。

02

リハビリテーションはとても広義な分野になり、様々なところでリハビリの観点が活かされることを願うものです。それと同時に、世の中に理論がないものを探求する、自分なりではありますが、リハビリへのイノベーションもございます。研究には、リハビリテーション病院や、JISS(国立オリンピックセンター)や、国立リハビリテーションセンターのご協力を頂き、なにより、たくさんの先生にご指導いただきました。

今回の学会のタイトルは、「広げようノルディックウォークでロコモーションの輪」で、運動力学・運動整理と疾患別障害別と健康増進の3本に大きく分けて議論が進みます。

医師の方、リハビリ職が中心となって各演題が紹介されました。背骨に着目した方が多い印象です。

当社からの演題は、「小児Nordic Walk Pole 立位における運動イメージ評価例-乳幼児の背部評価と小児リハビリテーション例をもとに-」「Japanese Style Nordic Walk の体幹回旋に伴う非対称性の傾向」「Nordic Walk Japanese style とセルフ・メディケーション第1 報 -QOLの身体的領域を基にした考察-」の3演題となりました。小児の疾患に対する適合、一般成人のポールと身体の動きの関連、健康増進の分野にて報告しています。子どもからご高齢者までの活動に貢献できればと考えます。

最後に株式会社エフケイとしての、リハビリテーション研究実績をご紹介いたします。

 

<総説>

●高齢者のノルディック・ウォーク, バイオメカニクス研究vol19no1, p22-26, 2015

●乳幼児ノルディック・ウォーク‐遊びと歩き‐, Journal of Nordic Walking 2016 no.1, P29

●Nordic walk Japanese Style の定義, Journal of Nordic Walking no.1, P26, 2016

 

<原著論文>

●ノルディックウォーキングによるトゥクリアランスの改善-ウォーキングの足と膝の機構について-Walking Research.No19, 7-8, 2016

●Nordic walk Japanese Styleの重心移動特性-前額軸・垂直軸上の重心移動量と偏差に速度因子を加えて-, Journal of Nordic Walking no.2, p26, 2016

●ノルディック・ウォーキングにおける頭部傾きと頸椎回旋の考察-T-cane 歩行とノルディック・ウォーキングの比較-, Journal of Nordic Walking no.3, p20, 2017

 

<症例報告>

●右変形性膝関節症人工関節置換術後及び左大腿骨脛部骨折人工関節置換術、変形性腰椎症受傷症例のノルディック・ポールを用いた姿勢訓練の効果、Journal of Nordic Walking no.3, p27, 2017

 

<演題発表>
●歩行発達中の側方バランス代償効果について~乳幼児歩行発達期の自由歩行とノルディック・ウォークの比較~,第19回日本ウォーキング学会大会,東海学園大学,2015

●ウォーキングの膝と足の機構について-ノルディック・ウォークとの比較-,第19回日本ウォーキング学会大会,東海学園大学,2015

●ノルディック・ウォークジャパニーズスタイルのピットフォール~立位訓練用ノルディックポールの開発と効果~,第4回日本ノルディックウォーク学会学術大会,札幌,シンポジウム,2015

●ノルディック・ウォークのストレッサー抑制~即時効果と指導効果の一考~, 第4回 日本ノルディックウォーク学会学術大会,札幌,2015

●ノルディックウォーク導入時の促進因子の考察, 第4回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 札幌, 2015

●制動型ノルディック・ウォークの回旋が生み出す力-膝と足の連動-, 第4回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 札幌, 2015

●Nordic Walk Japanese Styleの重心移動特性-前額軸・垂直軸の重心移動量と偏差に速度因子を加えて-, 第5回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 大阪, 2016

●Nordic Walk Japanese Styleと普通歩行の比較-歩容の逆振り子モデル化を用いて-, 第5回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 大阪, 2016

●Nordic Walk Japanese styleとセルフ・メディケーション第1報 – QOLの身体的領域を基にした考察-, 第6回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 倉敷大会, 2017

●Nordic Walk Pole立位における背部非対称性の修正例-乳幼児の背部評価と小児リハビリテーション例をもとに-, 第6回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 倉敷大会, 2017

●Japanese Style Nordic Walkの体幹回旋に伴う非対称性の傾向~自由歩行との比較~, 第6回日本ノルディックウォーク学会学術大会, 倉敷大会, 2017

 

<その他>

●ウォーキンググランドフェスタin金沢「ノルディックウォークのバイオメカニクス」2016

●第2回パーキンソンコングレス「ノルディックウォーク・デモンストレーション」2017