情報コーナー

[2017年11月7日]

リハビリ情報「リハビリテーションで考える」

LINEで送る

こんにちは。リハビリテーションからのコメントは初めてですが、リハビリテーションで大切にしている項目は皆様ご存じかもしれませんが、お伝えさせていただきます。

1.毎日の活動をやり遂げる能力

01

2.毎日の生活のなかの治療(医療)必要度

02

3.毎日の生活を送るための活力

03

4.家の周囲を出回る頻度

04

5.身体の痛みや不快のせいでしなければならないことの制限

05

6.睡眠の満足度

06

7.自分の仕事をする能力

07

この7項目は大切です。世界保健機関が定める「生活の質」における身体の領域です。
この身体の領域について、リハビリテーションを行うことが多くあります。生活を思い浮かべてもう少しいいようにしたいなといった気持ちからリハビリが始まったりもします。自宅で行うリハビリはとても幅広いものです。

どこを改善したいですか、どのように改善しますか、いつまでにしたいですか、といった人生のなかのバランスも必要です。ご自身がどこに重きを置いているか、そこは大切です。

リハビリテーションでは、このなかの一部分を切り取ってアプローチするときや、全体的にアプローチするときがあります。生活の流れを見て、1週間のリズムも大切にします。

[2017年11月7日]

リハビリ情報「事例紹介」

LINEで送る

こんにちは。リハビリテーションの事例をご報告いたします。いろいろなご希望がありますが、ご家族と一緒にどこかに行きたいなどのご要望もあります。

01

転んで怪我してしまった方が、安静期間に関節が固くならないようにすること、筋肉の柔軟性を保つこと、痛みでなんだかバランスがとり辛くなってしまった姿勢調整、骨の治癒に合わせた強さの練習(体重をかけてみたり、強く動かしてみたり)ということを概ね3か月から半年で行います。

怪我した最初はベッドで安静も大切なこと。これが1週間から2週間でしょうか?そのあと、ベッドから少しずつ生活範囲を大きくしていきます。安静後は手すりや杖など、使います。トイレに行くこと、お風呂に入ることがなんとか可能になってきたら、元の生活に戻るように、気持ちも身体も練習していきます。

身体には、元に戻るものと、変化に慣れていくものと、二つあります。

人工関節など科学が進化していますが、それとともに、保存療法といって手術は行わず、身体全体でリカバリーする方法も選ばれるようになっています。機能回復と身体全体のリカバリー、その割合を専門的に判断しながらできるだけ、ご本人のイメージに近づけていきます。

結果、また怪我する前のように、お孫さんと手をつないで神社まで行けるようになります。

歩くことが目標になる場合も多いですが、歩きのメカニズムはすべて解明された訳ではありません。この分野の研究もまだまだ必要です。

[2017年11月7日]

在宅医療情報「オンラインでの情報交換-絆ネットところ-」

LINEで送る

こんにちは。今年なって、在宅医療で各部門の連携がとれるよう、医療専用のソフトを使った情報共有システムが構築されようとしています。

01

これは全国的な取り組みにおいて、医師会や地域が協力して進めるものです。
在宅での医療では、伺うスタッフの動きが個別になってしまいます。一緒にご自宅に伺うときもありますが・・・
ただ、チーム医療としてより良いものを行うため、医師と看護師、看護師と薬剤師、医師とリハビリ、医師とケアマネージャー等様々な形で、多方向の情報を得られるように開発されています。基本は、在宅医療チームみんなが顔の見える関係になることからスタートです。
在宅医療のチームが集まって、勉強会を行ったり、懇親会を行ったり、コミュニケーションを取りやすくする機会も、非常に増えて参りました。
FAXや電話が主流でしたが、オンラインでのコミュニケ―ションが加わり、伝え方も増えました。ときに、写真や書面も整理されながら伝わります。

02

[2017年10月31日]

自立支援型地域ケア会議 薬剤師研修への参加

LINEで送る

先日、埼玉県の地域包括ケアシステムモデル事業の一環として、薬剤師の為の自立支援型地域ケア会議研修に参加して来ました。  

01

この研修への参加目的は、薬剤師が地域ケア会議に参加するにあたり、自立に向けたケアマネジメントの支援を行うために必要な知識や、薬剤師に求められる役割を学ぶためです。

今後、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには地域包括システムを構築し、多様な専門職が連携して高齢者の自立した生活を支えることが重要になってきます。

今回の研修では、薬剤師が地域ケア会議において果たすべき役割や、会議において専門性を発揮するための話し方講座、また実際に地域ケア会議に参加している薬剤師の方々がシンポジウムにて、会議で薬剤師がどのような事をしているか、実際の声を聴かせて頂きました。
現在、埼玉県は全国でも高齢化率が高い地域で、今後75歳以上の高齢者が急激に増える見込みとなっています。75歳を過ぎると要介護認定率が急速に上昇していく為、今後、自立支援型地域ケア会議の重要性が増していくと思われます。

この地域ケア会議では、対象となる患者様に対し、他職種の専門家がそれぞれの視点の立場から、現在、組まれているケアプランは適切がどうかを話し合い、より良いケアプランにしていく為の話し合いをしていきます。この時に薬剤師は、主に薬学的な観点からの意見を述べる事になりますが、その際、単に薬学的な視点のみならず、患者様の背景である、個人因子や環境因子および介護の視点から患者様の全体像を把握しておくと、会議において、より良いアドバイスが出来るのではないかと、実際に地域ケア会議に参加している薬剤師の方々からも意見が挙がりました。また、この介護的な視点を得るためには普段から他職種との連携を行い、それぞれがどのような事を行っている事を把握する事や、また薬局がどのような事を行っているかを自分たちから各介護事業所などに勉強会等を積極的に行っている薬局もあるということでした。

 今回の研修を通して感じた事は、高齢者が住み慣れた地域で自立した生活をする為に行われる地域ケア会議において、今後薬剤師に求められるのは、薬学的な視点だけなく、介護的な視点も勘案して患者の全体像を把握していくことや、その為に他職種との連携を速やかに行えるような環境作りが今後重要になってくるのではないかと思いました。

02

エース薬局上藤沢店
吉川 保雄

[2015年12月14日]

栄養情報コーナー「こころにも栄養を」

LINEで送る

01こんにちは!日ごとに寒さが増して、ヒートテックが手放せない季節になりましたね。
クリスマスのイルミネーションも増えてきて、今年も残りわずかだなと実感します^^
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、慌ただしくなるこの季節、体調は万全ですか?
イライラする、なんとなくやる気が出ない、食欲がない、眠れない、人と話すのが憂鬱…
こんな症状が続くことはありませんか?
これらの症状は、どこかで無理をしているサイン!様々なストレスで気力や体力が低下しやすい現代、精神面からのストレスで体調不良に悩む人が増えていると言われ、他人事ではなくなってきています。
なんとなく元気がなくて…という方に+αで何かご紹介できたら良いですよね!
心の元気のためにはストレス発散、気分転換に加えて、内側からのケアも大切です。
前回は美容と栄養についてのテーマでしたが、今回は心と栄養をテーマにご紹介します★

 

キーワードは「セロトニン」「葉酸」「DHA・EPA」!
◆セロトニン◆
心の不調には、脳のセロトニン神経の弱さやセロトニン不足が関係していると言われています。
「セロトニン神経」とは脳内神経の一つで、自律神経や心のバランス、痛みなどの調節を行います。この神経が弱るとうつを発症しやすくなるといわれ、「日光に当たらない」「不規則な食生活」「運動不足」などはこの神経の働きを弱くする原因のようです。
「セロトニン」は神経伝達物質の一つです。人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や安らぎなどにも関与するため、「幸せホルモン」と呼ばれることも。素敵な名前ですね(笑)
このセロトニンは「トリプトファン」というアミノ酸から作られます。トリプトファンは人間が体内で作ることができない必須アミノ酸なので、食事から摂らなければ不足してしまいます!
このトリプトファンを多く含むのが、肉や魚、大豆製品、バナナなど。
しかし、トリプトファンは一人でセロトニンを作るのが苦手で、ビタミンB群やビタミンC、ナイアシン、カルシウム、マグネシウムなどの助けが必要となるため、さまざまな食品をまんべんなく摂ることが大切です。
毎日カップラーメンに菓子パンのみはNG!
良質なたんぱく質も摂りましょう(うってつけのモノがこちら!)
02

 

◆葉酸◆
最近よく耳にする葉酸はビタミンB群の一種で、セロトニンを作る際に働く酵素の合成に不可欠です。
さらに、赤血球の合成やDNAの合成促進、発育促進、動脈硬化の予防などの働きがあり、葉酸の摂取量が少ない人にうつ症状が多くみられるそうです。葉酸は字を見てもわかるように、葉物の野菜を中心に様々な食品に含まれています。
03特に多いのがホウレンソウやブロッコリー、枝豆、納豆、海苔、イチゴ、レバー類などです。
定食のように主食(ごはん)、主菜(おかず)、副菜(野菜など)がそろった食事をしていれば不足はほとんどないですが、ジャンクフードやカップラーメンなど偏った食事を続けている人は、意識して摂ることをおススメします!

 

◆DHA・EPA◆
04心の不調は脳に元気がないことにも関係しています。「魚を食べると頭が良くなる♪」なんて歌が過去に流行った記憶がありますが、DHAやEPAは脳神経細胞の材料になったり、働きを良くして精神を落ち着かせるのに役立ちます。
これらもまた私たちの体内で作ることができないので、食事から摂る必要があります!
ご存知のように魚類に多く含まれているほか、卵類やレバーなどにも少し含まれます。
1日に1食は魚料理!が理想ですが、難しい場合はサプリメントの出番ですね!

 

◆その他に、生活習慣で気をつけることは?
食事をきちんと摂る事以外にも、

  • ● 太陽の光をしっかり浴びる
  • ● 朝食をきちんと食べる
  • ● 定期的に運動をする
  • ● 睡眠をしっかりとる
  • ● よく噛んで食べる(咀嚼運動)
  • ● 深い呼吸をする(忙しい時などは無意識に呼吸が浅くなりがち。深呼吸してリラックス)

05などの行動はセロトニン神経を元気にしてくれます。
特に日光はセロトニンの分泌を促します。さらに朝食によって体内時計が効率よくコントロールされ、やる気スイッチがONに!朝起きたら日の光を浴びて、気持ちもリセットしましょう!
そういえばこの前のストレスチェックでストレスありの結果だったな…という方はもちろん、自分はストレスと無縁だから大丈夫!という方も、予防のために日々の生活を見直してみてはいかがでしょうか^^

 

★おまけ★
こころの不調におすすめの漢方薬

柴胡加竜骨牡蠣湯 比較的体力がある人向け。精神不安や神経過敏、不眠、更年期神経症など(物音に敏感に反応し、普段気にしないような小さなことにもイライラする など)
加味帰脾湯 比較的虚弱な体質の人向け。貧血傾向で疲れやすい人の精神不安や不眠に
半夏厚朴湯 体力が中等度の人向け。気分がふさいで、のどに何かがつかえた感じを伴う場合の不安神経症など
補中益気湯 虚弱体質な人向け。神経症そのもに、というよりは過労や病気などによる体力消耗、食欲不振などに

使う人の体質や状況にあったものを選ぶために、良く話を聞きだしてあげることが大切です♪
06

参考文献:「栄養と料理」第75巻第4号
発行:女子栄養大学出版部

担当/テラニシ

3 / 512345