情報コーナー

[2018年4月10日]

入間市藤沢地区医療介護連携会議

LINEで送る

~身寄りのない独居の方への対応~

01先日、入間市の藤沢地域包括支援センター主催の医療介護連携会議に参加して来ました。現在、一人暮らしをしている高齢者の増加は男女ともに顕著であり、高齢者人口に占める独居の割合は、男性で約10人に1人、女性では約5人に1人となっていて、男性と女性でこのように性差が出るのは、女性の方が男性に比べ寿命が長い為だと思われます。

このように高齢者の独居の割合が増加してきた為、最近では『孤独死』が社会的な問題になってきています。この『孤独死』とは明確な定義はないのですが、一般的には一人暮らしをしていて、誰にも看取られず亡くなった場合等を指します。

この『孤独死』の問題点としては、社会的なコストがかかるということで、具体的には、遺体や遺品の処理等の後始末の費用やマンション等の資産価値への影響、近所同士の不信感、地域の不和(何故異変に気付かなかったのか?)等が挙げられますが、なによりも『孤独死』にまでに至るような孤立した生活が人間の尊厳にダメージを与えているという意味では、大きな問題であると思われます。

この問題を解決するために、現在各自治体では様々な取り組みが行われている状態です。今回の連携会議のグループディスカッションにおいても、どのような取り組みをしたら良いか、各事業所から色々な意見が挙げられました。具体的には、ICタグでの位置情報確認、情報送信機能付き血圧計の利用や人感センサー利用など、ICTを活用したもの。新聞やヤクルトの配達員による声掛けなど、民間企業を活用したもの。近隣住民の互助機能の組織化や地域サロンの開設などコミュニティー意識を掘りこさせる取組み等が意見としてあがりました。

このような様々な意見があがる中で、感じた事は、薬局は身寄りのない独居の方へのアプローチとして何が出来るのか?ということです。現在、介護保険を利用されている方には、居宅療養管理指導で訪問して相談を行うことが可能で、そのような薬局は増えてきてはいますが、介護保険を利用していない身寄りのない方へのアプローチは難しい問題だと思われます。こうした身寄りのない方でも気軽に相談のれるような、地域コミュニティーの創設にかかわる薬局づくりが今後、地域のニーズに答えられる薬局ではないかと、今回の連携会議に参加して感じました。

エース薬局上藤沢店
吉川 保雄

 

飲食店紹介
先日、調剤部のメンバーと共に入間市にある大盛りで有名な定食屋『古都』へ行きました。たくさん食べたい方には、是非一度は経験してほしいお店です。

02

[2018年2月23日]

AJDセミナーレポート『医療の方向性』について

LINEで送る

先日4月法改定に向けたセミナーに出席してきました。
今回のテーマは「地域に寄り添う医療介護を目指した医療の方向性」について薬局が取り組むべきことを交えた講演でした。
超高齢化社会に向けて大きな転換期を迎える中、薬局のあるべき姿が明確化されてきていますが、実態としてはまだまだ薬局の機能性が地域に認められていないという現状があります。

01

2018年の改定においては医・薬・介すべてで地域包括ケアの推進が大きく打ち出されていますがその中で薬剤師がどう関わるのか、やっていかなければならないのかを積極的に考え実践していく必要があると感じました。今回の報酬では在宅の手厚さが思いのほか少ない、それは薬剤師に対する国の評価でもあります。2025年のキーとなる年や10年後も継続的に生き残るためには薬剤師の職能を真剣に見つめ直し、どうアピールしなければいけないのか考えなければいけないのだと切に感じました。現状多職種の方々には薬剤師に何ができるのかまだ理解されていない所があるので、まずは地域の輪、包括支援の枠に入り、薬剤師の職能を理解してもらうよう取り組んでいく必要があります。

その為に、まずは多職種との医療連携を構築すること。特に国は薬剤師による在宅実績のエビデンス(管理、提案、栄養等)のデータをもっていない。これは今後薬剤師が取り組んでアピールしなければならない事です。他にも薬局としてやれることはたくさんあります。例えば、行政が抱える問題を聞ける薬局になること、地域包括が抱える難題を知り、地域の根幹となる部分にどんどんアプローチしていく必要もあります。包括支援の輪に入らなければ意味がなく、そこに入るためには地域の取り組みに積極的に参加すること、講習会の開催や参加を定期的に行う(協賛も良)、地域包括支援センターの困りごとには積極的に耳を傾け「うちに任せてください!」と言えるようになること。その積み重ねが信頼を生み結果として認知されることに繋がってくるのだとも思います。

今後、調剤報酬の段階的な減算は続くと予想されています。対人業務が手厚くなる以上、在宅業務は避けては通れなくなり、施策に逆らった医療提供に今後はありません。また、調剤報酬だけに目を向けるのではなく、診療・介護の知識ももつことも重要となってきています。それにより新たなビジネスモデルのイノベーションが生まれる可能性があることや、地域包括の連携構築に役立てることもできます。
取り巻く現状に調剤薬局の運営を重ねると難しいことが多いですが「ものから人へ」の転換においてはICT化+ハード面の充実が運営としてもキーポイントとなることは間違いありません。

当社としても地域に根付いた医療提供、信頼される薬剤師としての地位を確立できるよう先んじてチャレンジしていければと思っています。

エース薬局新所沢店
大熊 桂人

[2018年2月8日]

リバティ狭丘にてお薬講演会を行いました。

LINEで送る

先日、入間市にあるリバティ狭丘にてお薬講演会を行いました。今回このようなお薬講演会を行うきっかけになったのは、以前こちらの施設で参加した『認知症サポーター養成講座』に参加し、講演終了後に講師の方やリバティ狭丘の支配人および地域包括支援センターの職員の方々と談笑していた際に、エース薬局さんでも何かしてもらえないか?という依頼があった為です。最初はさてどうしたものかな?と一瞬思いましたが、ある言葉が頭によぎり「ではお薬講演会はどうでしょう?」ということで、了承を得て、今回お薬講演会を開催する事に至りました。

01

その頭によぎった言葉とは『薬剤師の地域活動』という言葉で、昨今厚生労働省からの通知や調剤報酬の改定(かかりつけ薬剤師の項目)の際に必ず出てくるキーワードとなっています。今回お薬講演会を行おうと思ったのは、病気や薬を知ってもらう事で、エフケイの企業理念である『地域社会と心と身体の健康への奉仕』を薬剤師として実践でき、それが地域の方々の健康へとつながると思ったからです。

02

今回の講演内容は、生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)とこれらのお薬の作用及び副作用について講演を行いました。実際にお薬講演会を行ったことで、もう少し簡単に説明すれば良かったとか、スライドの文字をもう少し大きめにしておけば良かった等、反省点が多々ありしたが、ものすごく自分自身も勉強になったと実感しました。

今回はお薬講演会という内容で地域の方々にお薬を知ってもらう機会を作りましたが、今後もお薬講演会だけでなく、薬剤師として地域貢献できるような活動を続ける事や、また他に薬剤師として何が出来るのか?を今回の活動を通して考えていきたいと思いました。  
  
エース薬局上藤沢店 吉川 保雄

[2018年1月15日]

「エース訪問看護ステーション新所沢」の紹介

LINEで送る

今日は当ステーションを紹介したいと思います。

01

エース薬局新所沢に接して訪問看護ステーションがあります。
調剤の他に一般市販薬や日用品などあり、店内の買い物をしながら介護のこと相談に来られる方もいらっしゃいました。看護スタッフ不在の際もございますので、店内スタッフにお声かけください。

◇利用したい方へ
訪問看護を利用するに当たっては年齢に関係なくすべての方が対象です。医療保険での訪問か介護保険での訪問かは、病名や年齢によって違います。また、かかりつけ医師の指示書というものが必要になりますので近くの訪問看護ステーションへお尋ね下さい。

◇訪問看護に興味がある看護師の方へ
当ステーションは基本電動自転車を使い訪問しています。
月火水木金、9時から18時が営業時間で18時から翌日までオンコール体制です。
利用者の方が電話で看護師と相談ができ、必要時緊急訪問します。
看護師の皆さんにとってどんなイメージでしょうか?
今は3人で電話当番をしているので月10回位の電話当番体制です。
電話は例えば11月で3回呼ばれており、たまたま一人一回ずつでした。内容は看取りや転倒でした。看護師は自宅で待機をしています。待機手当が出ています。電話がないことがほとんどです。訪問が必要と判断したときは訪問し、残業手当が出ます。私は子育てをしながらしてきたので夜勤をするより楽でした。通常の勤務は、ほとんど残業はありません。

仕事だけでは息がつまるので私は子供も大きくなったのでヨガに行っています。週2回は行きたいと思っています。プライベートも充実してこそ仕事も順調と考えています。ということで有給も消化するようにしています。子育て中の主婦が多いのでお互い様で助けあっています。

ステーション内で勉強会もしています。12月は協和発酵キリン株式会社の方を呼んでフェントステープについて教えて頂きました。看護師・理学療法士・薬剤師で聞いています。ケアカンファレンスすることもあります。同じ会社に多職種がいるというのもメリットだと思っています。薬剤師も訪問に出ておりいずれは栄養士も訪問に出られるようにと考えています。是非興味がある方は見学に来てください。お待ちしています。

エース訪問看護ステーション 新所沢 小菅 美和

[2017年12月27日]

終末期の選択例

LINEで送る

今はどこも具合が悪くないから病院にかかっていないし、介護保険も申請してないけど具合悪くなったらどうすればいいの?入院はしたくないけど。

01

こんな風に思っている方、沢山いますよね。
具合が悪くなったら、まずは一度、病院・クリニックで受診してください。
介護保険申請してなくても訪問看護は受けられます。
訪問看護は介護保険持っていない方には週3回まで訪問を受けられます。
そして状態や病名によっては毎日訪問を受けることが出来ます。

01

今回はこんな方の話しさせて頂きます。
80代で、至って健康、老人会にも参加されていて、ご本人にはかかりつけのクリニックがありませんが、奥様にはあるという方の話です。
その方は、ある日急に歩けなくなり御飯が食べられなくなりました。奥様はすぐに良くなると思ってたようですが、3日たっても良くなりません。慌てて奥様はご自身が診てもらっているクリニックに相談に行きました。医師は元々往診をされていた方で本当はかかりつけの人しか往診しないのですが奥様をずっと診てこられたので「診察が終わったら診に行くね」と言ってくれたそうです。医師が訪問するとぐったりしている姿にびっくりして慌てて点滴を行ったそうです。

そしてその後、医師から当ステーションに連絡が入りました。「すぐに訪問行けますか?奥様一人で介護無理みたいなので訪問して色々教えてあげて。それとしばらく点滴必要な様子です。」先生に通常の訪問看護の指示書と特別指示書を書いてもらい訪問しました。
体を拭き奥様にオムツの変え方を説明しました。医師がしていった点滴も終わり抜針しました。翌日も点滴の指示がありましたので明日も訪問しますと伝えると「もうどうしようかと思った。私一人じゃ何もできないと思って。看護師さんが毎日来てくれるなら安心です」
と話してくれました。すぐにケアマネジャーさんも来てくれ介護保険も申請することとなりました。

病院に行ったことがないので今回のことは何が原因かはわかりません。でもこんなことって結構あります。

3日間点滴をしましたが、回復の兆しはありませんでした。しかし話は出来る様になりました。まずは奥様に回復の見込みはないことを説明し最期をどこで過ごさせてあげたいかを聞きました。すると色紙を見せてくれました。そこには「夫婦仲良く我が家で過ごし寿命がきたならポックリとその時が来るまで・・・・」と書かれていました。私は思わず言葉を詰まらせ「もう話し合っていたのですね」と声をかけました。70代の時に夫婦で話し合い文字にされていました。本人にも確認し今も同じ気持ちである事が分かりました。医師に意向を伝えました。

訪問看護師が午前に入り体を拭き点滴をする。夕方ヘルパーさんが来てオムツ交換をしてくれるという生活パターンが出来ました。子供さん方も空いている時間に来てくれ家で最期まで過ごすということも承知してくれました。一時ご飯や好きなおかずも食べられるようになり一か月後自宅で永眠されました。

この方の場合とても良い医師とつながりがありました。ケアマネジャーさんもすぐに動いてくれヘルパーさんもすぐ入ってくれました。皆さんの地域でこのような形がうまくいくとは限りませんので健康診断を同じ医師に診てもらい、つながっておくということも大切かと思います。また、いざという時訪問してくれる医師かどうかは訪問看護師が知っていることが多いので相談してみるのも一つかと思います。そして大切なのは最期どうしたいか是非健康な時から夫婦で、家族で、友達同士話し合っておいてください。今回の方のように急に具合が悪くなることは珍しくないと私は感じています。もちろん状況でも人の気持ちは変わるので何回も話し合ってください。周りの人が助かります。最期どんなふうにしてあげても満足に思えない方も多いのです。その時に本人が決めたことだからこれで良かったと亡くなったとき思えると残った者は納得できるように思います。

エース訪問看護ステーション
新所沢 所長 小菅 美和