情報コーナー

[2015年12月14日]

栄養情報コーナー「こころにも栄養を」

LINEで送る

01こんにちは!日ごとに寒さが増して、ヒートテックが手放せない季節になりましたね。
クリスマスのイルミネーションも増えてきて、今年も残りわずかだなと実感します^^
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、慌ただしくなるこの季節、体調は万全ですか?
イライラする、なんとなくやる気が出ない、食欲がない、眠れない、人と話すのが憂鬱…
こんな症状が続くことはありませんか?
これらの症状は、どこかで無理をしているサイン!様々なストレスで気力や体力が低下しやすい現代、精神面からのストレスで体調不良に悩む人が増えていると言われ、他人事ではなくなってきています。
なんとなく元気がなくて…という方に+αで何かご紹介できたら良いですよね!
心の元気のためにはストレス発散、気分転換に加えて、内側からのケアも大切です。
前回は美容と栄養についてのテーマでしたが、今回は心と栄養をテーマにご紹介します★

 

キーワードは「セロトニン」「葉酸」「DHA・EPA」!
◆セロトニン◆
心の不調には、脳のセロトニン神経の弱さやセロトニン不足が関係していると言われています。
「セロトニン神経」とは脳内神経の一つで、自律神経や心のバランス、痛みなどの調節を行います。この神経が弱るとうつを発症しやすくなるといわれ、「日光に当たらない」「不規則な食生活」「運動不足」などはこの神経の働きを弱くする原因のようです。
「セロトニン」は神経伝達物質の一つです。人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や安らぎなどにも関与するため、「幸せホルモン」と呼ばれることも。素敵な名前ですね(笑)
このセロトニンは「トリプトファン」というアミノ酸から作られます。トリプトファンは人間が体内で作ることができない必須アミノ酸なので、食事から摂らなければ不足してしまいます!
このトリプトファンを多く含むのが、肉や魚、大豆製品、バナナなど。
しかし、トリプトファンは一人でセロトニンを作るのが苦手で、ビタミンB群やビタミンC、ナイアシン、カルシウム、マグネシウムなどの助けが必要となるため、さまざまな食品をまんべんなく摂ることが大切です。
毎日カップラーメンに菓子パンのみはNG!
良質なたんぱく質も摂りましょう(うってつけのモノがこちら!)
02

 

◆葉酸◆
最近よく耳にする葉酸はビタミンB群の一種で、セロトニンを作る際に働く酵素の合成に不可欠です。
さらに、赤血球の合成やDNAの合成促進、発育促進、動脈硬化の予防などの働きがあり、葉酸の摂取量が少ない人にうつ症状が多くみられるそうです。葉酸は字を見てもわかるように、葉物の野菜を中心に様々な食品に含まれています。
03特に多いのがホウレンソウやブロッコリー、枝豆、納豆、海苔、イチゴ、レバー類などです。
定食のように主食(ごはん)、主菜(おかず)、副菜(野菜など)がそろった食事をしていれば不足はほとんどないですが、ジャンクフードやカップラーメンなど偏った食事を続けている人は、意識して摂ることをおススメします!

 

◆DHA・EPA◆
04心の不調は脳に元気がないことにも関係しています。「魚を食べると頭が良くなる♪」なんて歌が過去に流行った記憶がありますが、DHAやEPAは脳神経細胞の材料になったり、働きを良くして精神を落ち着かせるのに役立ちます。
これらもまた私たちの体内で作ることができないので、食事から摂る必要があります!
ご存知のように魚類に多く含まれているほか、卵類やレバーなどにも少し含まれます。
1日に1食は魚料理!が理想ですが、難しい場合はサプリメントの出番ですね!

 

◆その他に、生活習慣で気をつけることは?
食事をきちんと摂る事以外にも、

  • ● 太陽の光をしっかり浴びる
  • ● 朝食をきちんと食べる
  • ● 定期的に運動をする
  • ● 睡眠をしっかりとる
  • ● よく噛んで食べる(咀嚼運動)
  • ● 深い呼吸をする(忙しい時などは無意識に呼吸が浅くなりがち。深呼吸してリラックス)

05などの行動はセロトニン神経を元気にしてくれます。
特に日光はセロトニンの分泌を促します。さらに朝食によって体内時計が効率よくコントロールされ、やる気スイッチがONに!朝起きたら日の光を浴びて、気持ちもリセットしましょう!
そういえばこの前のストレスチェックでストレスありの結果だったな…という方はもちろん、自分はストレスと無縁だから大丈夫!という方も、予防のために日々の生活を見直してみてはいかがでしょうか^^

 

★おまけ★
こころの不調におすすめの漢方薬

柴胡加竜骨牡蠣湯 比較的体力がある人向け。精神不安や神経過敏、不眠、更年期神経症など(物音に敏感に反応し、普段気にしないような小さなことにもイライラする など)
加味帰脾湯 比較的虚弱な体質の人向け。貧血傾向で疲れやすい人の精神不安や不眠に
半夏厚朴湯 体力が中等度の人向け。気分がふさいで、のどに何かがつかえた感じを伴う場合の不安神経症など
補中益気湯 虚弱体質な人向け。神経症そのもに、というよりは過労や病気などによる体力消耗、食欲不振などに

使う人の体質や状況にあったものを選ぶために、良く話を聞きだしてあげることが大切です♪
06

参考文献:「栄養と料理」第75巻第4号
発行:女子栄養大学出版部

担当/テラニシ

[2015年11月4日]

栄養情報コーナー「インナービューティ ~内側からのケアで真の健康美を!~」

LINEで送る

こんにちは!                                                                     やっと涼しくなってきましたね!一気に肌寒くなると、風邪をひきやすくなったり、代謝が落ちてしまったり、体調の変化も心配です。皆様風邪にはお気をつけ下さい!!今回は、体の内側からのケアで健康に、そして美肌に!というテーマにしてみました。
最近よく聞く「インナービューティ」「腸内美人」「菌活」など…。私は普段ビューティを担当しているので、お化粧品をお探しの方を接客することが多いのですが、お化粧品だけでなく、プラスワンで内側からのケアもご紹介し、お客様の美と健康へのお手伝いが出来たらと思っております!!

★酵素★
少し前からかなり話題になっている酵素ですが、未だに美と健康の味方として大人気であります!!

そもそも酵素とは…?
もともとは人間のなかにあり、食べ物を消化したり、 栄養素を運んだりするときに働く物質です。
美肌効果、美白効果、便秘解消、デックスなどなどの効果も期待できます。
しかし、ストレスや不摂生をしていると、体内の酵素が減ってきてしまうので食物酵素を体内に取り入れて上げることが大事なのですが、酵素は体で作られる量が決まっているので、うまく外から摂取してあげることが必要なのです。

●お肌への働きは…?
酵素は体内のめぐりをよくしてくれ、老廃物を押し出す効果があります。
酵素を取り込むことによって、活発に老廃物を除去することができます。
肌の老化は老廃物の蓄積によって起こることが多いので、酵素を意識して摂取することは美肌への近道になるのです!!♥

★ 高いお化粧品を使っているのに肌がキレイにならない…色々試して使っているのに、なかなか効果が実感できないというお客様はもしかしたら食生活や生活リズムが乱れて酵素が不足しているのかも…。そんなお客様には「お化粧品と一緒に内側からのケアもしてあげるととても良いですよ♪」と酵素をご紹介するのも良いのではと思います!!

★タンパク質★
今更な感じもしますが、やはりタンパク質は美と健康にとっても重要なのです!!
もう皆様ご存じだとは思いますが、人間の身体は、水分以外の約半分はたんぱく質でできていると言われているほど重要な成分で美容に欠かせない肌・髪・爪などもたんぱく質が主成分です。

★不足するとどうなる…?
肌は、常にターンオーバーを繰り返しているので、材料のたんぱく質が足りていないと、健やかな肌を作ることは不可能です!
また、たんぱく質以外の栄養素をそれぞれの細胞へと運ぶためにもたんぱく質が欠かせません。たんぱく質が足りないと、各細胞が栄養不足になり、荒れたお肌まっしぐらに…!!!!

●お肌を老化させてたるみくすみのもとに
●免疫力が低下して内蔵が悪くなることで顔がむくんだり肌荒れに
●また、コラーゲンを構成しているタンパク質が不足すると肌のハリツヤもダウン
●女性の場合、貧血症状が悪化したり・ホルモンバランスの崩れ・体力低下などの原因に

…こうしてみると、タンパク質って本当に大事なんだと実感しますね…。
★なかなか食生活でタンパク質を補えない、手軽に補給したい!という方にはアミノエフェクトなどもお勧めできるのではと思います!

♥おすすめポイント
①    美肌のもとになるアミノ酸がたっぷり入っていて、簡単に補給できる!
②    さらにレバーエキスや無臭ニンニク、高麗人参、ビタミン配合なので、疲れが抜けない・風邪を引きやすい、貧血気味の方などにもおすすめ出来て、健康と美容の両方の面で効果が期待できる!
③    1回16kcalと低カロリー、しかも約58円ととても経済的な所も再度見直せる魅力!

担当/シミズ(ア)

[2015年2月22日]

栄養情報コーナー「生活習慣で花粉症対策! その1」

LINEで送る

みなさんこんにちは!寒い日が続いていますが花粉症の方は鼻のムズムズを感じ始める頃ではないでしょうか?
今回は花粉症の症状を少しでも和らげるための生活習慣についてすこーし紹介したいと思います。

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患でくしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状があります。
アレルギーを完治することは難しいですが、生活習慣の改善で免疫力のバランスを整えることで症状を和らげることができます。

●大切なのは免疫力を上げる生活習慣
アレルギーは免疫の過剰反応なので免疫力を上げると症状が悪化してしまうのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。実際に年をとって免疫力が下がり、症状が軽くなったという人に会ったことがあります。しかし、一言で免疫と言っても体の中では様々な細胞が働いています。免疫力を上げることで細胞の働きのバランスが整い、くしゃみや鼻水を出す免疫の働きを抑えることができるのです。具体的には、、、

・体を冷やさない! 
冷たいものはさけ、人肌より温かい飲み物を飲みましょう。
・睡眠をしっかり取る!
遅くても12時には布団に入り、ぐっすり眠れるようにしましょう。
・適度な運動!
全身運動であるウォーキングがお勧めですが花粉だらけの外に出るのは難しいと思いま
す。室内でできるラジオ体操やストレッチをやってみましょう。
・よく笑う!
笑うと免疫細胞が活性化しますしストレス軽減にもなります。

 

担当/コミネ

[2014年12月15日]

栄養情報コーナー「風邪をひいてしまったら何たべますか?」

LINEで送る

今回は最近お客様に質問を頂くことが多い「風邪をひいてしまったときの食事」について大事なポイントをご紹介いたします。

1.水分補給
風邪をひいたとき、発熱時の水分補給は必須です。 一気に飲むと吐いてしまうことがあるため少量ずつ、数回に分けてたくさん飲むようにしましょう。また、冷たいものは刺激が強すぎるため、常温のものを飲むようにしましょう。 風邪で体力が低下しているときには、エネルギー源になりやすい糖分や、汗で体から失われるミネラル類(ナトリウム、カリウムなど)の入ったスポーツドリンクがおすすめです。

2.消化が良い

風邪の時はウイルスとの闘いにエネルギーを消費しているため、体の負担にならず消化吸収が簡単なことが大切です。消化の良い食べ物・料理の基本的な要素としては、次のようなポイントが挙げられます。
・軟らかい食品
・食物繊維が少ない食品
・加熱調理された料理
・脂肪分、砂糖、繊維、カフェイン、刺激物などが少ないもの
201412

3.栄養がある
胃腸をいたわりつつ回復に必要な栄養補給をすることも大切です。お粥やうどんは消化の良いメニューとして代表的なのですが、それだけでは栄養が偏るので、長ネギを一緒に煮込んで卵を入れて卵とじにするなど工夫をしてください。カツオでダシをとり、生姜を入れるとより体も温まり、味のアクセントにもなります。

4.美味しい・簡単!

プラセボ(偽薬)で、病気が治ったりするように、美味しいものを食べると元気になる気がしませんか?食欲がなくても早く回復してもっと食べたい!と思えるような食事が理想的です。あとは簡単に、短時間でできるというのも大切です。誰かが作ってくれる人はいいですが、自分で作らなければならない人には大事な問題です。
そこで、おススメなのが「卵酒」です!なんと亀井先生おススメのメニューです!!

201412-22014-3
①お酒1カップ、たまご1個、砂糖大さじ1杯を混ぜます。
②なべで火にかけてアルコールを飛ばしたらできあがり!
お子様にはお酒の代わりに牛乳を入れて下さい。
栄養+温め+簡単! すばらしい一品です。

ぜひ一度お試しください

担当:アゲマツ

 

[2014年4月4日]

栄養情報コーナー「コレステロールと脂質異常症」

LINEで送る

寒さと雪に震える季節も終わりを迎え、ヒートテックも必要のない快適な春が来ましたね!
さて、しばらく前に健康診断を受けた方、結果はいかがでしたか?
・・・ということで今回はコレステロールと脂質異常症についてお話しします。

1.コレステロールとは
コレステロールとは、脂肪の一種で、おもに肝臓でつくられています。細胞膜成分となり、細胞の働きを保ったり、性ホルモンや副腎脂質ホルモンの材料になったりしていますが、胆汁、皮膚、脳の中にもかなり含まれています。コレステロールは悪い物、というイメージが強いですが、人間が生きていくためには必要不可欠なものなです。しかし、数値が高すぎると脂質異常症などの生活習慣病となり、動脈硬化などになってしまうリスクが高くなってしまいます。

2.コレステロールの種類と特徴
 (1)TG(トリグリセリド、中性脂肪)
体脂肪を構成している脂質の大部分はトリグリセリドであり、貯蔵エネルギー源としての働きを持ちます。中性脂肪の過剰摂取は肥満を招来し、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を進展させます。

(2)HDLコレステロール

肝臓と小腸で合成され、末梢組織からコレステロールを肝臓へ輸送する役目を持ちます。動脈硬化の予防因子として働き、善玉コレステロールと呼ばれています。

 (3)LDLコレステロール
末梢組織へコレステロールを輸送する役目を持ちます。血清LDLの上昇は、動脈硬化を進展させ、虚血性心疾患等の危険因子として働きます。悪玉コレステロールと呼ばれるものです。

3.脂質異常症とは
血液中のLDLコレステロール、トリグリセリドのいずれか一方あるいは両方の濃度が高い、またはHDLコレステロールの濃度が低い状態をいいます。血中濃度は動脈硬化のリスクファクターとして重要なものであります。

4.食事療法
 (1)摂取エネルギーの適正化
●適正エネルギー摂取量=標準体重×25~30(kcal)
(2)栄養素成分の適正化
●炭水化物:60% ●タンパク質:15~20%(獣鳥肉より魚肉、大豆タンパクを多くする)
●脂質:20~25%(獣鳥性脂質を少なくし、植物性・魚肉性脂質を多くする)
●コレステロール:300mg以下  ●食物繊維:25g以上  ●アルコール:25g以下
●その他:ビタミン(C,E,B6,B12,葉酸など)やポロフェノールの含量が多い野菜、果物などの食品を多く摂る。

 

☆とある日、担当者のお弁当
上武弁当◇メニュー:そぼろご飯と高野豆腐の南蛮漬け
「作るときには彩りに気をつけてなるべく野菜を使うように心がけています。」

HP管理者注:ウエタケは、まだ脂質異常症ではないそうです。

1 / 212